CR桃太郎電鉄攻略法2 − 高効率台を選ぶ!

スポンサードリンク
新タイプとは言っても、CR桃太郎電鉄もデジパチの一種には変わりなく、デジタル画面を回すスタートチャッカーへの球の入りやすさを第一とした台選びをするのは当然のこと。攻略しようにも、攻略の始点となるデジタル画面の回りが悪くては何ともしようがありません。

そこで台選びに積極活用したいのが、機種の損益分岐点を表す”ボーダーライン”。投資額1000円に対して収支を0とした場合のデジタル画面回転数、つまりスタートチャッカーへ入る球の数を表したボーダーラインは、デジパチの最も明確な台選び基準と言うことができます。

今まで、経験上の感覚的なものだけに頼って台選びをしてきた人がこの基準で台選びをするようになったら、それだけで勝てる可能性が向上するわけですから、活用しない手はありませんよね。そのボーダーライン、CR桃太郎電鉄では次のようになっています。

【CR桃太郎電鉄MV ボーダーライン ※時間無制限の場合】

換金率:2.5円 → 回転数:22回
換金率:3.0円 → 回転数:20回
換金率:3.5円 → 回転数:19回
換金率:4.0円 → 回転数:17.4回

勝ちを確実にするためには、さらにこれらの回数+3〜+5回転となるような台を見つけることが必要ですが、ボーダーラインで慎重に台選びをするようになれば、ホールを変えることを考慮に入れても、該当台を見つけるのがそれほど難しくはないことにも気がつくでしょう。

CR桃太郎電鉄攻略法1 − 攻略想定を固める!

スポンサードリンク
CR桃太郎電鉄の特色を簡潔に表すなら、「MAXタイプの特性を合わせ持った持ったミドルスペックマシン」といったところ。幅広いファン層を意識した設定とは言え、今までに例のなかったタイプのデジパチですから、事前の攻略想定にも十分に気を使いたいですね。

もちろん、その想定のソースとして優先的に活用したいのは基本特性であるスペックで、賞球数はどうなのか?、大当り確率はどの程度なのか?、確変突入率は?ラウンド数・カウント数は?といった下記の各項目を押えることが攻略の第一歩になると言って良いでしょう。

【CR桃太郎電鉄MV スペック】

賞球数:3&13
大当たり確率:低確率時1/348.6 高確率時1/34.9
確変突入率:72%
ラウンド数:15ラウンド
カウント数:9カウント
時短:全ての大当たり終了後100回

例えばこのスペックから、さきほど”MAXミドル”であると紹介した通り、大当たり確率はミドル並ながら、確変突入率が72%となっていることで、かなりの連荘が期待できるということが言えますが、そういったことが分かるだけでも、自分なりの攻略を想定できますよね。

こういった想定を持っておかないと、チャンスを掴めずに勝ちを逃してしまう可能性が高くなるので、事前の想定をできるだけしっかりとすることが大切になってくるわけです。そして想定ができたら、次は実際のホールでできるだけ高効率な台選びをすることがポイントになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。